アルバイトはじめたばかりですがキャッシングできますか?

キャッシングしたいと思っている方の中に「アルバイト始めたばかりだから…」という心配をしている方がいます。

 

キャッシングの審査で勤続年数が長いほど望ましいのはたしかですが、極端に気にする必要はないと思います。

 

勤続年数は今からどうにもすることができませんので、他の部分で審査に悪影響を及ぼさないようにするのがいいと思います。

 

 

勤続年数の基準はない!

 

キャッシングの申込みができるかどうかを知るには、消費者金融などの「申込条件」を確認するのが一番です。

 

たとえばプロミスの申込条件なら、

 

 「年齢20歳以上、69歳以下の本人に安定した収入のある方」

 

とあります。

 

まず自分の年齢が申込条件を満たしているかを確認してください。

 

収入の要件については、アルバイトしているのですから、貸金業法上の問題が生じることもありません。

 

ただし、消費者金融に申込む場合は、総量規制によって「年収の3分の1まで」の融資に制限されていますので、その点にだけは注意するようにしてください。

 

カードローンの審査では嘘をつかない!

 

キャッシングの審査で審査落ちとなる原因の1つに、「審査での嘘」があります。

 

勤務先や勤続年数、あるいは他社の借り入れ額などでウソをついてしまうと、審査にとおることはありません。

 

正直に現在の状況を伝えるようにし、自分の信用を落とさないようにすることが審査通過のポイントになります。

 

 

即日でキャッシングするなら時間に注意!

 

アルバイト始めたばかりかどうかに関係なく、即日のキャッシングにはスピードが必要です。

 

キャッシングの審査は、24時間行われているものではなく、通常は夜21:00くらいまでの時間帯に行われています。

 

キャッシングの申込みには、本人であること確認するための運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証など)などが必要になります。

 

運転免許証や健康保険証などを用意し、できるだけ早めにローンの審査を開始してもらうようにしましょう。

アルバイトでも借りれるカードローンとは?

アルバイトやパート勤務ではカードローンが利用できないと考える人もいますが、はたらいている方なら、問題なく利用できます。

 

しかし、消費者金融のローンを利用するときは、総量規制の影響があるので若干の注意が必要になります。

 

ここでは、アルバイトの方のカードローンの選び方についてご紹介します。

 

 

カードローンの総量規制について確認すること

 

まず、アルバイトの方は、総量規制の影響があることを確認してください。

 

総量規制は、貸金業法にある規制の1つで、貸金業者が融資をする際、過剰貸付とならないように

 

 融資総額が年収等の3分の1以下になるよう

 

にする仕組みのことです。

 

つまり、年収300万円の方なら100万円までの融資、毎月5万円のアルバイト収入があるなら、年収60万円になりますので、20万円を上限に融資が行われます。

 

 

アルバイトに人気なカードローンは「プロミス」

 

アルバイト勤務の方に人気のあるカードローンに、消費者金融のプロミスがあります。

 

プロミスは、年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方なら誰でも申し込めますので、アルバイトの方の利用も可能です。

 

プロミスに申し込むときに必要になる書類は、

 

 ・本人確認書類
 ・収入証明書類

 

の2種類です。

 

本人確認書類というのは、運転免許証のことで、交付を受けていない方は、健康保険証やパスポートを用意してください。

 

なお、収入を証明する、給与明細書や源泉徴収票については、プロミスから50万円超の融資を希望する方が用意するものです。

 

50万円以下の少額融資のときは、運転免許証だけ用意すれば申込みが可能です。

 

 

■収入証明書類が用意できないなら?

 

もし、急ぎの融資が必要で、収入証明書の用意が難しいときは、バンクイックなどの銀行カードローンに申し込んでください。

 

バンクイックなら「100万円までなら収入証明なし」で申し込めますし、プロミスと同じように即日融資も不可能ではありません。

 

できるだけ早めに申込みを済ませ、カード発行を急ぐようにしましょう。

アルバイトでもローンは即日で可能ですか?

アルバイト勤務の方でも「今日中にお金がどうしても必要!」というときがあります。

 

そのようなときにカードローンのカードを作ってあればいいのですが、カードを発行し、その日のうちに融資を受けるとなると、いくつかの問題をクリアしなければなりません。

 

ここでは、アルバイトの方が即日融資を受けるためのポイントについてご紹介します。

 

 

カードローン審査の結果が分かるまでの時間に注意!

 

即日融資ができるかどうかの分かれ目は、カードローン会社の審査時間にあります。

 

ローン審査に何日もかかるようでは即日融資ができませんので、「最短30分」で終わるとしているバンクイックやプロミスなどを選ぶようにしてください。

 

カードローンの審査が早く終われば、その後カード発行を受け、現金を受け取ることが可能になります。

 

 

カードローン審査が何時まで行われるかを確認!

 

カードローンの審査は、24時間いつでもしているわけではありません。

 

真夜中や早朝だと審査ができませんので、できるだけ早い申込みが必要になります。

 

たとえばプロミスなら、平日・土日とも9:00〜21:00の時間帯で審査が行われます。

 

通常はカード発行のための自動契約機の営業時間も、この審査の時間帯に合わせてありますので、夜20:00くらいまでには申込みを完了させるようにしてください。

 

 

必要書類を用意する!

 

カードローンの申込みに必要な書類は、事前に用意しておくと安心です。

 

50万円以下の小額のローンなら「運転免許証」があれば申し込めます。

 

50万円を超える融資のときは、プロミスのような消費者金融に申込む場合、収入証明書類の提出が必要になります。

 

源泉徴収票や給与明細書、所得証明書などが手元にない場合は、「100万円までは収入証明なし」で申し込めるバンクイックなどを選ぶと良いでしょう。

 

これらの書類を用意したら、プロミス、あるいはバンクイックのホームページにアクセスし、速やかに申込み手続を済ませるようにしてください。

アルバイトのカードローン借入からよくある質問「Q&A」

アルバイトしてますが親にバレずにキャッシング可能なの?

バレずに借入れする方法はあります!

 

  • 申込みはインターネットから!

 

親にバレずにキャッシングしたいなら、申込みはインターネットからするべきでしょう。

 

キャッシングの申込み方法には、インターネット以外にも郵送や電話などが用意されています。

 

しかし、郵送や電話による申込み方法では、後日、自宅に郵送物が届き、それをきっかけに親にバレてしまう可能性が高くなります。

 

親にバレずにキャッシングするためには、「郵送物をいかになくすか?」が重要なポイントになります。

 

 

  • カードの受取りは自動契約機で!

 

ここで「でも、カードだけは郵送してもらわないとダメなんじゃない?」と思われる方もいると思います。

 

しかし、キャッシングに必要なカードは、全国に設置されている「自動契約機」で受取りが可能です。

 

銀行カードローンの一部に自動契約機が用意されていない場合がありますが、プロミスやバンクイックなどの自動契約機があるカードローンに申し込めば大丈夫です。

 

そのため、インターネット申込が完了したら、自動契約機の設置されている場所を確認するようにしましょう。

 

 

  • カードは大切に保管!

 

キャッシングしていることが多いバレてしまうきっかけで多いのは、「カードそのものが見つかってしまった!」というときです。

 

キャッシングのカードが入った財布などを、その辺に無造作においていたりするとバレてしまうことがありますので、カードの管理はしっかりとするようにしてください。

 

これらの点に注意すれば、親にばれることなくキャッシングを始めることができるでしょう。

 

アルバイト先に電話連絡なしで融資してもらえるの?

キャッシング会社によって対応可能です!

 

  • モビットの「WEB 完結申込」

 

消費者金融のモビットには、すべての手続きがWEB上で完結する「WEB 完結申込」という申込み方法があります。

 

「WEB 完結申込」で申込むと、電話連絡もなく、プライバシーを気にすることなく融資が受けられます。

 

ただし、モビットの「WEB 完結申込」ができるのは、

 

 1.三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に普通預金口座があること
 2.本人確認書類として運転免許証、パスポートのいずれかの写しが用意できること。

 

など、さまざまな条件があります。

 

これらの条件を満たしているときは、モビットのWEB完結で申込んでみてはいかがでしょうか。

 

 

  • 給与明細書を提出する方法

 

モビットの「WEB 完結申込」ができない場合でも、給与明細書を提出することで電話連絡なしにしてもらえる可能性があります。

 

インターネットから申込んだら、カードローン会社のオペレーターに電話をかけ、電話連絡の代わりになる方法について相談するようにしてください。

 

通常は、電話連絡の代わりに「給与明細書2ヶ月分」を提出するよう指示を受けると思います。

 

手元に給与明細書があることが条件になりますが、電話連絡が心配な方は、試してみてはいかがでしょうか。

 

 

  • 電話連絡はあっけなく終わる!

 

ローンを組むにあたってお勤め先の確認は、避けられない手続きです。

 

電話がかかるといっても、オペレータ個人名でかけられるものですので、プライバシー上の心配はありません。

 

ほとんどの方は、「あっけなく終わったね!」という感想を残していますので、あまり気にすることなく審査に臨んでみてはいかがでしょうか。